ベルタ葉酸サプリ 危険

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベルタ葉酸サプリに危険性はないの!?※副作用の危険性チェック!※

 

 

妊活サプリは妊娠中の母体だけでなく、これから生まれてくる赤ちゃんのためにも安全であることを前提に選びたいところですね!

 

では、ベルタ葉酸サプリは本当に安全なのかと言う事が気になるところです。万が一、危険性があるなら購入を控えたいところです。この記事ではベルタ葉酸サプリが安心に使ってもらうためにまとめてみようと思います。

 

危険性がないと確信して使う事で、より一層、効果を期待して継続できるでしょうから(^ω^)

 

 

ベルタ葉酸サプリが危険ではない理由は、これ!!

 

無添加の天然成分に拘り配合されている!

 

 

【ベルタ葉酸サプリの成分】
乾燥酵母、葉酸含有酵母、もろみ酢粉末、ミネラルイースト、ヨウ素含有酵母、卵殻膜粉末(卵を含む)、燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理燕窩)、馬プラセンタエキス末、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、乾燥野菜粉末(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、かぼちゃ、さつまいも(紫芋)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん)、ナンノクロロプシス、乳酸菌末(殺菌乳酸菌、デキストリン)、微細藻類由来DHA・EPA油/貝殻未焼成カルシウム、セルロース、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸Ca、ビタミンC、クエン酸、リン酸カルシウム、ラクトフェリン(乳由来)、ビタミンB6、ビオチン、サンゴカルシウム、着色料(β-カロテン)、ヒアルロン酸、葉酸、抽出ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、酸化防止剤(カテキン、抽出V.E)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンB12、コリン

 

ベルタ葉酸サプリは成分にもかなりの拘りがあり、人体に害がある香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防かび剤・膨張剤・苦味料・光沢剤などの添加物は不使用です。

 

たまに、ベルタ葉酸サプリは成分が詳しく記載がないという方がいますが、見てのとおりですがこれだけ詳しく成分が記載されていますから添加物への危険性はないと思います。

 

※但し、食物アレルギーがあり場合は使用を控えるほうが良いので、該当する方は上記の成分表をしっかりと確認しておいてください。

 

 

安心・安全の国内製造で厳しい検査済み!!

 

 

葉酸サプリの中には海外製の物も出回っていますが、ベルタ葉酸サプリは提携農家と共同で国内工場で製造されています。上記の画像は実際にベルタ葉酸サプリの製造過程の画像ですが、衛生的な環境で安全性をしっかり確保しながら製造されています。

 

 

また、最近ではかなりニュースでも話題になっていますが、放射能検査や残留農薬の検査も厳しく行われているのでその点でも赤ちゃんへの影響がないという事で安心して飲むことができます。

 

 

医療福祉の総合情報誌GMSでも特集されるほど!

 

 

医療福祉の総合情報誌GMSで特集されるほど、安全性・効果について証明がされているのです。普段よく見かける女性誌にもよく刑されてもいるのですが、このような医療系の雑誌で特集されるのは確かな照明があってこそです。

 

【医療福祉の総合情報誌GMSとは!?】
主に、医療に携わる医師が監修する情報雑誌です。内容は専門誌と言っても一般のユーザー向けに分かりやすく解説してあります。ベルタ葉酸サプリに関しては産婦人科の稲生由紀子先生のコメントが掲載されています。

 

 

ベルタ葉酸サプリは確かに危険性はないのですが!?

 

 

確かにベルタ葉酸サプリは成分にも製造過程にも最新の注意を払っているのが上記の内容からも分かります。ですが、そのような製品でも決してすべての方に当てはまるとは言えないでしょう。

 

先ほども触れましたが、食物アレルギーがある方や、中には妊娠中のつわりが酷く、ベルタ葉酸サプリの臭いや味がどうしても受け付けなくなってしまったという方も稀にいます。

 

さらにもっと、ベルタ葉酸サプリの事を知りたいときは以下の公式サイトを確かめてみると良いかもしれません。きっと、更にベルタ葉酸プリのことがわかるでしょうから(^ω^)

 

 

▼妊娠中には「ベルタ葉酸サプリ」▼

ベルタ葉酸サプリなら必要な栄養が取れます

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加