ベルタ葉酸サプリ 妊娠前

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベルタ葉酸サプリは妊娠前から飲むのが理想的な理由って、何!?

 

 

ベルタ葉酸サプリについての疑問で多いのが、いつ頃から飲み始めるのが理想なのかということがあります。一般的には、妊娠前、つまり妊活を始めようと思った、その時から始めるべきだと言われています。

 

でも、なぜベルタ葉酸サプリは妊娠前から飲むのが理想なのか!?

 

と言うことです。やはりベルタ葉酸サプリを飲むのであれば、なぜ妊娠前から飲むのが重要なのか、妊娠前から飲むことでどのようなメリットがあるのか知っておくべきでしょう。

 

妊娠前から飲むことの重要性を知っておけば、ベルタ葉酸サプリを継続して飲むことの重要性も自然と分かってくると思うのです。その為にも、以下に記載しておくことは是非、覚えておいてもらえればと思います(`・ω・´)ゞ

 

 

葉酸サプリを妊娠前から飲む事が大切な理由は、これ!!

 

 

これから妊活を始めようと考えている方には、必ず覚えておいてもらいたいことがあります。ベルタ葉酸サプリに配合される葉酸はこれから生まれてくる赤ちゃんの先天的な奇形(神経管閉鎖障害)のリスクを下げる効果があります。

 

妊娠の1ヶ月以上前から飲むことによってそのリスクが軽減できるというのです。

 

 

葉酸を飲むことで防げる障害※神経管閉鎖障害とは!?※

 

神経管閉鎖障害は”予防可能な唯一の先天性奇形”と言われています。

 

そして、その予防に役立つのがベルタ葉酸サプリで葉酸をしっかり補充する事なのです。神経管閉鎖障害は、赤ちゃんの先天的な障害を引き起こすだけでなく、最悪の場合、死亡してしまうケースも稀にあります・・・。

 

神経管閉鎖障害は神経管組織のの形成が正常に行われない為に引き起こされます。脳神経の機能や脊髄神経になんだかの障害が起こります。胎児の脊髄神経が収まる神経管は、受精から約1ヵ月後には完成すると言われています。

 

このように妊娠初期までの段階で、葉酸の摂取が不足すると、神経管の形成に何らかの障害が起こる可能性が高くなるのです。

 

神経管閉鎖障害とは!?
症状としては、2通りのケースが考えられます。
先ずは、脳に症状が出た場合には「無脳症」となる場合です。この場合は死産する可能性も高いです。
一方の症状としては、脊椎に出る場合で「二分脊椎」となり、運動障害、失禁、尿路感染や結石、不妊などの後遺症が指摘されています。

 

妊娠前から妊娠初期にかけてしっかりとベルタ葉酸サプリを摂取することで、神経管閉鎖障害の危険性を大幅に軽減できます。これは日本だけでなく、世界的にも認められている事実です。

 

 

ベルタ葉酸サプリは妊娠後から飲むでは遅いのか!?

 

 

では、妊娠が発覚してからベルタ葉酸サプリを飲み始めても意味がないのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

摂取すべき葉酸の量は、妊娠前から妊娠初期とまではいきませんが、赤ちゃんの成長にも大切な栄養素でもあるのです。また、妊娠後から始めても、出産、そして授乳中に不足しがちになる母体の健康にも大きく役立つのです。

 

上記のグラフは実際にベルタ葉酸サプリを使用した女性の、飲み始めた時期を表したものです。多くの方が妊娠が発覚してからでも積極的にベルタ葉酸サプリを摂取していることが分かります。

 

妊娠してからでは遅いということはないので、決してあきらめたりはしない様にしたいところです。

 

 

ベルタ葉酸サプリは妊娠後の貧血予防にも効果的!

 

 

妊娠すると貧血状態に陥る女性が多くいます。このような症状を”妊婦貧血”と呼んでいます。その原因の1つが、葉酸不足だと言われているのです。

 

妊娠中は胎児の成長を促すために母体の栄養素が胎児に優先的に回されます。母体の血液中の赤血球は体内に取り入れた栄養素を全身に届ける役目がありますが、それも胎児に優先され、母体に不足しがちになるのです。

 

また、胎児の成長に伴い母体も大きくなるのですが、それにに比例して血液の量も必要になってきます。ですが、その血液の生成が追い付かないことがあります。そうなると濃度の薄い血液になり、これもまた貧血の原因となるのです。

 

ベルタ葉酸サプリはその不足しがちになるは、血液に含まれる赤血球の生成をサポートします。ちなみに赤血球の寿命は約4ヵ月程度です。葉酸をきちんと摂取することで、その血液の生成を促進できるのです。

 

 

▼妊娠中には「ベルタ葉酸サプリ」▼

ベルタ葉酸サプリなら必要な栄養が取れます

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加