ベルタ葉酸サプリ 合成 天然

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベルタ葉酸サプリって、合成原料らしいけど大丈夫なの!?

 

 

ベルタ葉酸サプリの原料を調べて言うと合成原料でできているという事が記載されています。

 

天然ではなく合成と聞くとなんだか不安に感じますよね。多くの方が想像するのは科学的にできて人体に影響ができそうなイメージが先行するはずです。

 

そこで、ベルタ葉酸サプリはなぜ、合成原料でできているのか調べてみました。天然原料の方が良いのではと疑問に思っている方は、ぜひ以下を参考にしてください。

 

 

ベルタ葉酸サプリがなぜ合成原料なのか!?※天然との違い※

 

 

そもそもですがベルタ葉酸サプリにはどの様な成分が配合されているのかを調べてみると以下のように豊富な成分が配合されているのが分かります。

 

◎厚生労働省推奨400μgの葉酸
◎27種類のビタミン・ミネラルを配合
◎15mgの鉄分・250mgのカルシウムを配合
◎18種類の野菜を配合
◎高品質の美容成分を6種類配合
◎安心の無添加・無香料・製造チェック

 

このように、ベルタ葉酸サプリに配合されている原材料は豊富ですし、栄養素も多種多様になります。これが実はベルタ葉酸サプリが合成にこだわる理由なのです。

 

注意してもらいたいのは、「合成=添加物」のイメージもありますが、決してそうではありません。

 

合成はいつでもつくることができ、天然栄養素は、野菜の収穫量や季節に限りがあります。合成はいつでも安く、毎日継続するサプリメントにするためには合成栄養素の方が天然より効果的な場合もあるのです。

 

粒や量を小さくしたり、味にクセがないように飲みやすくすることが可能です。合成の吸収率などを考えると、合成葉酸のほうが良いという考え方もあります。

 

天然ではいけないのか!?

 

無農薬野菜、有機野菜などを毎日食べることは皆さんも容易に気が付くことですが、コストもかかり経済的にも大変になってきます。同様に合成に比べて天然由来のサプリは抽出するためにコストがかかり金額が高くなります。

 

また天然がゆえに味にクセがあったり色が付いている為、合成栄養素のように飲みやすくすることが困難になることもあります。また、天然は食材の収穫時期によって栄養素のばらつきがあることもあります。

 

合成に比べると大きさの調整、粒数が多くなる場合があります。

 

 

合成原料と天然原料を成分表から見極めるポイント!

 

 

葉酸サプリの成分表に「ビタミンC」とだけを記載されているものの多くは合成の可能性があります。

 

天然原料のものは、その由来表記が可能です。なので、「レモン」などビタミンCの含まれている植物名が表記されていたら天然成分ということになります。

 


厚生労働省は健康食品として合成葉酸をサプリから摂取する事を推奨しています。
ベルタ葉酸サプリでは元々合成葉酸だったものを更に、効率良く摂取するための工夫がなされています。なので、酵母で醗酵培養させた栄養価の高い天然型酵母葉酸を配合しているのです。

 

 

▼妊娠中には「ベルタ葉酸サプリ」▼

ベルタ葉酸サプリなら必要な栄養が取れます

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加